通信講座で資格を取る

主に仕事をする上で「資格」を1つでも持っていれば、将来に役立つことがあります。
そんな資格は「国会資格」「民間資格」「公的資格」の3つに分けられています。まずはこれらの違いについて見ていきましょう。

まず「国家資格」とは、法律に基づいて国や国から委託を受けた機関が実施する資格のことです。取得は困難ですが、国から職業的な地位を保障されたりと、社会的な信用度も高く、就職の際に有利になることが多いです。
主に弁護士などが業務を行う上で必要となっている「業務独占資格」や、中小企業診断士などの国家資格を持っている人だけが名乗ることができる「名称独占資格」、特定の事業を行う際に法律で義務づけられている「設置義務資格」があります。

「民間資格」とは、民間団体や企業が独自の試験を行って認定する資格のことです。主に国家資格ような法律の規定がないことから、独自の内容を盛り込んだ個性的な資格がほとんどです。またこのような人材が求められていると企業や団体が判断し、検定試験などを実施して人材の育成に取り組んでいるところもあります。

最後に「公的資格」とは、国家資格と民間資格の中間に位置付けられる資格です。またこの資格は民間団体や公益法人が実施し文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が認定しています。
主に民間団体の主催ですが信用度や知名度の高い資格が数多くあるため、こちらも就職や転職の際に有利に働きます。


そしていざ資格を取るとなると、最初に考えるのは勉強スタイルだと思います。通信や通学といった自分にあった勉強法を見つけましょう。